痩身エステのヒートマットは、全身を温めるために使用します。

汗

全身を芯から温めることで汗をかくわけです。

ヒートマットは電気毛布のようなもので、電熱線の張り巡らされたマットで首から下をすっぽりと包み込み、10~30分程砂風呂のようにじんわりと体を温めます。

痩身エステのコースではヒートマットを使用する場合が多いですね。

では、なぜヒートマットで体を温めるのかというと、筋肉や脂肪は温めることで組織が柔らかくなり、マシンやハンドマッサージなどの施術が体の深部まで効果的に届くようになるのです。

夏や運動した時には体温調節のために汗腺から水分が出ますが、ヒートマットを使って汗をかくと毛穴にあるアポクリン腺という汗腺からも汗が出ますので、体の中の老廃物や有害物質も一緒に排出してくれデトックス効果があるのです。

女性に多い冷え性は、血流やリンパの流れに滞りを起こしますが、全身を温めることで循環が良くなり冷えやむくみも解消します。

また、体内温度が1度上がると体が使うエネルギー量も増えるので、貯め込みがちだった脂肪を燃焼しやすい体にもなるのです。

体を温めるということは、痩身は勿論健康的な体を維持するうえでも重要なことといえそうです。